コントレックスは痩せる?

ビューティー投稿-13

コントレックスってやせる水とかスリムウォーターとかいう宣伝文句で販売されていますが、500mlで牛乳瓶約1本分のカルシウム、アーモンド約9粒分のマグネシウムを含有していて、ダイエット中の栄養補助目的として、カリスマモデルのSHIHOも愛飲してるってことで人気がありますよね。

 

yahooとか楽天でも売れ筋ランキング上位に入ってるんですがやせると思っているのは下剤が入っているからだっていう記事を見てビックリしました。

成分の「サルフェート」は硫酸塩であり、便秘薬にも使用されている硫酸マグネシウム(硫苦)と石膏に含まれる成分硫酸カルシウムが含まれていて、下痢を起こさせる見せかけの不健康なダイエット水である。

っていうのを見たんですが、そう考えると恐ろしいですね…。

 

まあ、ミネラルウォーターにはマグネシウムとカルシウムは必ず含まれているものだし、フランス硬水なんだから採水地特有の含有物とも言えるんだろうなあというのが感想です。

 

硫酸マグネシウムは下剤、硫酸カルシウムは石膏っていうのも間違いではないし、そういう見方をすればそうなのかもしれないとも思ってしまいます。

 

マグネシウムイオンは苦くて、カルシウムイオンは渋みと苦みが混ざったような味がするとも言われますが、どちらにせよ、のどごしが重くて苦みがある水なのだと感じるのは、軟水に慣れている日本人だからこその飲みにくさなんだろうな、というのも事実です。

 

カルシウムやマグネシウムなどが豊富に含有されているとPRされているので、ダイエット中の栄養補助目的の女性に人気があるんですが、まあ、他の食品で意識するよりも手軽で良いのかなあという感想です。

 

水でダイエットをするっていうことを考えてみたとき、ダイエットってなんだろうっていうところに行き着きます。

 

ダイエットって「やせること」とか体重を減らすことって思われがちですが、実は「健康を維持する」ってことなんですよね。

 

脂肪がつきすぎてればそれを自分にとってベストな状態にするためにダイエットをする訳です。でも、まあ多くの人が「痩せる」ためにするのがダイエットだと思っています。

 

まあ、それは根本的な意識の問題とか、言葉の使われ方の歴史の問題なのでおいとくしかないんですが…。

 

ともあれ、健康を維持するために飲む水っていう観点から見れば、私はやっぱり「自分の体にあった水」が一番いいと思うんですよね。

 

合ってるっていうのは下痢したり便秘したりすることなく体状態が好調だってことです。味だって、やっぱり美味しい感じるものが合っているんじゃないかなあと…そういう意味ではやっぱりコントレックスってやっぱり嗜好品として楽しむのがいいかなというところに落ち着くのです。