ネイルと水

ビューティー投稿-14

最近、水と検索すると「水・マニキュア」という検索結果が出てきます。なんのこっちゃいな〜と思いつつ、今までの自分のネイル経験を思い起こしてみると、ちょっとだけ気になってたことがあります。

 

それは自分でマニキュアを塗ったあとに水につけると乾くのが早いんじゃないか??っていうことです。

 

最初はたまたまだったんですけど、マニキュアを乾かしている最中に指のはらが汚れてたのが気になって、せっかちな性格なので乾ききるまで我慢ができず擦れないように〜と気を付けながら他の指につかないように、汚れている指のはらがだけを洗ったんですが、まあ、物理的にその指の爪は濡れますよね…そしたらなんか他の指よりもそこだけ早く乾いたような気がしたんですよね。

 

これって他の人も経験していることなのかなあって思いますがどうなんだろうと思って、調べてみました。

 

そしたらやっぱり早く乾くっていうのは事実みたいですね。

正確に言うと水に濡れるからではなくて冷えることで早く乾くようになるみたいです。

ネイルの表面温度が水をつけるよ低下しするんですが、冷たい風を吹きかけて乾きを早めるのと同じ原理なんだそうです。

 

もっと早く乾くには、普通の水より氷水に指先をつけると良いらしいです。乾くっていうのと水に濡れるっていうのが反対の現象のように感じるからあんまり思い付きませんが、面白い方法ですよね。

 

でも水でググってマニキュア出てくるには他の理由があるみたいで、ちょっと注目されてるネイルに関する検索ワードみたいです。

 

1つ目は株式会社ノンストレスのacquarellaが代表する、水をベースにしたマニキュアみたいです。

 

このacquarellaっていうマニキュアは発色と色持ちが良く、妊娠中や爪の弱人・キッズ・シニアのなどなど、健康志向だけど美を追求したい層のニーズにマッチしていると評判で、口コミでも「はけが塗りやすい」「色がきれい」「においがなくって良い」「呼吸ができる感じ」「家事をやっても、持ちました」などと大好評の商品みたいで、気になりますね。

 

もう1つはウォーターマーブルっていうネイルの技術みたいです。名前の通り水を使ってするネイルなんですけど、普通に水を張ったボウルにマニキュアを何色か垂らして、つまようじなどでマーブル模様を作って爪を入れるとそれがきれいに爪についてくるっていう手法なんですね。

 

こんなおしゃれなやり方、私たちの若い頃にはなかったわ〜なんて感心してしまいます。ホント最近はいろんな技術が進歩してきてますよね。便利な世の中です。