水でデトックス効果

ビューティー投稿-15

最近はデトックスという言葉をよく聞きます。人間が生活する上でどんなに気を付けても毒素を体に入れない、もしくは生み出さないっていうのは実質不可能な話なんですよね、きっと。どんなに食べ物や飲み物に気を付けていても、外気を伝って、人間の体にたいして様々なものが様々な影響を及ぼします。

 

それをできるだけ避けるっていうのは健康に過ごす上での大前提ですけど、実はデトックスする、解毒するということがとても大事なのだそうですね。

一言にデトックスといっても色々な方法があります。けど、人間の体から排出されるものには限りがあります。おおまかに言えば「呼気・汗・尿・便・鼻水・涙」くらいでしょうか。

 

厳密にいうと皮膚のターンオーバーによる角質や耳垢や髪の毛なんかも含むといえるかもしれませんが、微量過ぎるので今回は論外ということにします。

さて「呼気・汗・尿・便・鼻水・涙」と並べてみると共通しているものが見えてきます。「水分」です。

 

面白いことに体の外に出ていくものには全部水が関係しているのです。人間の体の約7割が水分と言われるので当然と言えば当然かもしれませんが、体から排出されるものにはすべて水が関係しているのですね。

 

水を飲むだけの健康法というのを時々聞いたりしますが、その効果は「デトックス・代謝UP・美肌」などなど…水は本当に体のありとあらゆるところで必要とされているし、水なくしては体を健康で美しい状態に保つのが難しいということですね。

 

水を飲むと尿や汗の量が増えます。

 

もちろん便に含まれる水分も増えてお通じがよくなることで腸の調子も改善されます。

 

腸を美しく保つことは健康を維持するためにとても重要ですし、体全体を保湿して、ウイルスなどの感染をシャットダウンしてくれます。

 

水を1.5リットル以上、大体1日に2リットルくらい飲むと痩せるとも言われていることがありますが、それもみんな理由は水を飲むことによって高まるデトックス効果によるものみたいな印象を受けます。

 

要するに体の中をきれいで健康な状態に保とうとすれば、自ずと体重や体型も自分にとってベストな状態になっていくって訳ですね、きっと。

 

逆に言えば体が乾燥気味の状態だと、粘液も充分に作られず最近やウィルスの侵入を許してしまったり、代謝が滞ったりすることで、デトックスがうまくいきにくくなるっていうことです。

 

水を飲めばいいといっても一気にドバッと飲んでも、一気に排出されて、あとはカラカラ状態になってしまいますので、意識して飲み水の量を増やすなら、1日通して約二リットルくらいの水を、1回コップ半分から一杯目安にこまめに飲むのが適切なようですね。